新居購入の5つのポイント

現在賃貸住宅にお住まいの方で新居の購入を検討されている方も多くいらっしゃると思います。その際に、悩む大きなポイントの一つとして「マンション」にするか「一戸建て」にするかという選択があります。

その際のチェックポイントを体験を踏まえて、5点お示ししたいと思います。

その1は「車」です。車をどうしても持ちたい!という方は、一戸建てが有利です。なぜなら、マンションだと駐車場代が半永久的に発生します。長期的にみると、マンションは割高になる場合が多いです。

その2は「駅近」です。駅近物件にこだわる方は、マンションが有利です。なぜなら、駅の近くに一戸建て用の土地を確保するのが難しいため、割高になったり、安くても便が必ずしも良くない場合があります。一方、マンションは比較的アクセスに恵まれています。

その3は「転居」です。将来、子供が大きくなった場合などに転居を考えられている方は、マンションが有利です。なぜならリセールバリューが高いからです。日本では中古一戸建て住宅の上物への評価は極めて低いため、売れたとしても購入価格よりかなり下回る場合が多いです。

その4は「断熱性」です。もし一戸建てに住みたいと思うならば、施主自らが現場に出向いて断熱材の充填状態を確認することが大切です。断熱材には、はめ込み式のグラスウールや発泡性のあるウレタンフォームなどがあります。いずれの断熱材もその特徴には、一長一短ありますが、最も大切なのは、断熱材を充填する際には、隙間のないように埋めてもらうことです。
もし充填箇所に隙間があると、その部分には、断熱性能が効いていない状態となります。少しでもそういう箇所を減らしておくことが断熱性を低下させない施工の秘訣となるのです。
幸い、断熱材の充填が十分であるかどうかは、素人目にも分かる内容です。
特に窓枠周辺は、細かく充填する箇所となりますので隙間が出来やすいとも言えます。冬場などは、隙間風ほど冷気を強く体感するため、「ほんの少しぐらい・・・」と思わず、しっかりと詰めてもらうことが大事です。
床下の断熱材も土台の枠の中に綺麗に収まっているかどうかを床下を除いて確認しましょう。また、小屋裏は、素人が歩くのは難しいので点検口から全体を見渡してチェックすることをお勧めします。

最後に「環境」です。安全な環境や良好な周囲との人間関係を優先される場合はマンションが有利です。マンションではセキュリティが比較的しっかりしていますし、近所づきあいも程よい距離感が維持できます。一方で、一戸建ての場合は、盗難や火事の類焼の可能性もあります。また、より濃厚な地域や隣人との付き合いがありますので、これらに恵まれない場合は悲惨です。 以上のような点に留意されて、よい新居を選ばれることを願っております。

<特別サポート>
工務店向け集客ノウハウ|ページランク|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|ダイエットジムフランチャイズ|内職|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|JALカード|住宅リフォーム総合情報|ページランク ランキング|超SEO対策|マッサージのリアル口コミ.com|サイドビジネス|