断熱性チェック

地面に近くて外気にさらされている場所は床下にもあります。この床下などは断熱性が低いと冬は床下から冷気があがってきます。そしてとても寒くなります。床下の断熱法は1階床面に断熱材をつける方法と床でない外回りにつける基礎断熱があります。夏の暑さから家族を守るため、大切なものは意外と屋根や天井になります。ここの断熱が重要です。
開口部などの断熱も非常に大切で壁や屋根に比べますと断熱性が低くなっているのでどんな壁にしっかり断熱材を入れても窓の断熱がしっかり行われていないと冬は室内の暖かい空気が逃げやすく夏が熱がどんどん入ってきているので快適な温度管理は出来ない環境になります。

また樹脂のサッシも注目されています。アルミや木製が主流でしたが塩化ビニール樹脂の枠を用いたサッシに比べ熱を伝えにくく断熱性に優れています。室内側も室外側が樹脂で室外側がアルミ両側ともアルミで内部に樹脂をはさむということも出来ます。
ペアグラスというものを組み合わせると非常に断熱効果をアップさせることが可能になります。最近は寒い地域ではこの材料を使って断熱効果を高めていることが多いです。

コメントは停止中です。