住宅の断熱性って一体何?

断熱性を高める住宅といわれてもよくわかりませんよね。断熱性というのは快適に保たれた室内の温度を外に逃がさない住宅といえばわかりやすいです。冬は暖かいまま、夏は涼しいという住宅が最近ははやっています。家作りのパンフレットを見ると必ず目にするフレーズです。なので高断熱住宅について少し書いていきたいと思います。
熱は高いほうから低いほうに移動をしていきます。なので断熱されてない住宅は冬は室内の空気が壁や天井、床から気温の低い屋外へ逃げていき、どんなに暖房をいれようが部屋の中が暖かくなることはないのです。
夏はエアコンで室内を冷やしても、なかなか涼しくならず電気代だけが掛かっていきます。この熱の移動を断熱材と呼ばれる素材を使って抑えることを断熱、その性能を断熱性、性能の高い家は高断熱住宅を呼ばれます。快適だけじゃなく光熱費が大幅に節約されるというメリットたくさんの住宅です。光熱費の削減になるというのは、断熱性が低いとエアコンの設定温度を高くしたらい石油ストーブを使うことも出てきますので光熱費が倍近く掛かります。
一方断熱性の高い家は暖房の弱だけで大分温まるのでストーブは使ってないという家も多いのです。健康的にも維持費的にもうれしいですね。

コメントは停止中です。