介護を快適にできる新しい家の工夫に関心

介護を考えた新しい家は、とってもお年寄りが快適に暮らせるなと思いました。

キッチンのすぐ隣に介護をするお年寄りの部屋にして、すぐに料理を運んだりすることができるのでした。

それに、驚くのが向こうのドアを開ければすぐにトイレへと直結しています。

わざわざ廊下を歩いて行かなくても、すぐにドアを開ければトイレに行けるのでした。

その隣にはもうお風呂場がありますから、お風呂に入れるのも容易にできます。

今ではヒートショックなるものが問題となっていますが、そんな介護する部屋からすぐな場所にあれば、本当に安全です。

お年寄りも一人で行けるのも便利です。

それに、とっても良いなと思ったのが、トイレのドアを開けたら、パッと電気が自動的に点灯するのです。

手すりは縦にも横にも取り付けてありますから、1人で快適に座ったりもできます。

そんな介護する部屋には、床が防水加工が施されている素材のカーペットが取り付けてありました。

オシッコをもらしても床に染みないのも良いなと思った、新しい家の部屋でした。