家の断熱性や気密化が進むに連れ

家の断熱化や気密化が進むにつれ、昔の住まいと比べると風通しが非常に悪くなり夏の蒸し暑い時期はじめじめ湿気がこもるようになりました。また、建物の外と中の温度差が大きくなっていて結露もしょうじやすくなっていたのです。結露は材料を痛みやすくしシロアリや、ダニ、カビなどを発生させてしまうので厄介なものです。よって断熱機密性を考えると同時結露対策にもなるのです。
結露は空気の中にある水蒸気が冷たい部分に触れ飽和水蒸気量を超えると発生する仕組みです。
結露は冬の時期に窓ガラスによく見られます。目に見える結露は対策のしようもありません。もっと厄介なのは壁の中で起こる結露です。これを壁内結露と呼ぶのです。
以前は一般的には内断熱工法が行われていました。今は結露がおきにくいといわれる外断熱工法をよばれるものが扱われています。
どちらが良い悪いはありませんが内断熱、外断熱で断熱材がもたらす効果を考える必要があるのdす。そして断熱と機密そして換気のバランスが取れていることが総合的な断熱性を高めるということに重要になってきます。

コメントは停止中です。