建売住宅なので断熱性はあとから工夫しました。

マンションから一軒家に引っ越すときによく言われていたのは断熱性の違いによる冷暖房の備えが必要なことです。高価な家であれば断熱材を厚くしたり、窓を2重にしたりすることもできますが、建売住宅を購入したので最初から断熱性を高めることは困難でした。
玄関のそばには大きな窓がついていて採光はよかったのですが、窓から熱を奪われるので厚手のカーテンを付けた方がよいとアドバイスをもらいました。
そこで玄関だけではなく、ほとんどの窓に2重のカーテンを付けました。さらに断熱シートを窓ガラスに貼るタイプもあったので小型の窓に取り付けてみました。外が多少見ずらくなるのであまり使用しない窓につけましたが暖房の持ちがよくなったので効果があるようです。
床はフローリングで底冷えがするので、じゅうたんを敷きましたがさらにその下にアルミの断熱シートを購入して敷いています。人間にも温かいのですが室内で飼っている愛犬も気に入っていてその場所で寝ころんでいることが多いです。

コメントは停止中です。