新しい家のすぐ隣です

友人にどこに住んでいるのか聞かれて、私はこう答えているのです。「あそこの新しい家の隣だよ」そう言うと、必ずわかってくれるのです。私の家の隣には、このあたりでは珍しく新しくて大きな家が建っています。

外から見ると、私の家なんてまるで犬小屋みたいなのです。なんだか恥ずかしくなるほど小さいのです。築二十年だし、なんだかぼやけて見えてしまっています。でも隣は建ったばかりの新しい家なのです。

比べられたら何も言えません。でもとても羨ましいのです。一回家の中を拝見したのですが、あまりにもきれいで広くてとてもびっくりしました。その時から我が家も新しく立て直そうかと思い始めたくらいです。

よく考えたら庭も狭いし、車も止められません。ベランダはありません。二階にはトイレもないのです。お風呂だって狭いし、押し入はあるけれどクローゼットはありません。ただ「古い家」の一言なのです。

だから新しい家を見て、とても羨ましく思えるのでしょう。